前へ
次へ

うなぎは土用の丑の日に食べるのが一番いいのか

テレビや新聞などでも報道されますが、夏の土用の丑の日にはうなぎを食べる人が多くなります。
うなぎ店で行列ができる様子が報道されたり、養殖業者の様子などが知らされます。
決して安い食べ物ではありませんが、多くの人が食べるのでそれにつられて食べる人もいるかもしれません。
今は旬に食事を食べる習慣ではなくなっています。
食品の保存技術、加工技術、生産技術、さらには世界中との貿易で1年中いろいろな食材が食べられるようになっています。
本来は旬に食べるのが一番いいとされているので、うなぎはやはり土用の丑の日付近が旬なのでその日に食べられるのでしょうか。
そもそも土用の丑の日にうなぎが食べられるようになったのは、ある人の広告が原因とされています。
歴史上の人物が商売に困ったうなぎ店から相談され、本日丑の日との広告を打ったことからこの日にうなぎが良く食べられるようになりました。
うなぎの旬は秋から冬にかけて脂が良く乗る時期だそうで、土用の丑の日に最も美味しいわけではありません。

Page Top