前へ
次へ

チョコレートはどうやって作られるか

子供から大人に人気のお菓子としてチョコレートがあります。
バレンタインデーでは女性から男性に贈るお菓子として定着しています。
甘みとコクがあり、大人向けに少し苦みを利かせたもの、お酒の香りを利かせたものなども用意されています。
チョコレート色といわれる独特の色もおいしそうに見せる要因かもしれません。
チョコレートはお菓子で砂糖がたくさん使われています。
チョコレートが甘いのは砂糖によるもので、食感であったり風味もチョコレートの大元の原料以外の部分が影響しています。
チョコレートの大元はカカオと呼ばれる植物ですが、これ自体は苦み強いもので、とても味付けなしには食べられないとされます。
まずはカカオ豆をローストしてそれを砕いたり練ったりしてペーストを作ります。
見た目はチョコレートですが、この時に食べても苦い塊です。
その後にいろいろなものを加えてやっと美味しいチョコレートが作られます。
原料からチョコレートを手作りするのは素人では難しいでしょう。

Page Top