前へ
次へ

インスタント食品に見られる地域差

インスタント食品の代表ともいえるのがカップ麺でしょう。
ラーメンや焼きそば、日本うどんやそばなどいろいろな種類があります。
最近はラーメンでご当地ラーメンがインスタントで楽しめるようになっています。
どれくらい違いがあるのか分かりませんが、パッケージにその地域の名があると何となくその地のラーメンのような気になります。
ラーメン以外にもうどんにもいろいろなご当地うどんがあります。
さらに出汁にも大きく違いがあり、関東と関西では味や見た目が変わります。
関西は薄めの色合いで鰹や昆布などから取った出汁が中心になっています。
関東はどちらかといえば色が濃く、しょうゆなどを合わせた出汁になっています。
全国的に同じように売られているインスタント食品において、実際には関東版、関西版が分けて生産されてそれぞれの地域で販売されていると聞きました。
さすがに全国で同じ味のものは売れなかったのでしょう。
出張や転勤をしてその地のものを食べた時、地元の味との違いに驚くかもしれません。

Page Top