前へ
次へ

世界中で最も栽培されている果物は何か

人気がある果物として、バナナやリンゴがあります。
ほぼ1年を通してスーパーなどで売られています。
時期物としてはミカンや桃、なし、サクランボなども人気があります。
日本で栽培されているものもありますが、バナナはほとんどが輸入品です。
最近日本産のバナナが少しずつ出回ってきました。
では世界においてもっとも栽培されている果物は何かです。
日本でもなじみのある葡萄です。
小さい粒ものものもあれば大きな粒のものもあります。
紫色のものもあれば緑色のものもあります。
世界でたくさん栽培されている割にはあまり安くはありません。
どちらかといえば高級果物として売られています。
たくさん栽培されているものの、そのまま食べられるのは全体の2割程度とされます。
残りの8割が加工され、主にワインの生産に使われます。
ワインはヨーロッパのイメージが強いですが、日本でも作られていますしその他の地域でも作られています。
それぞれの地域によって異なる風味のワインが作られます。

Page Top