前へ
次へ

飛行機の機長と副操縦士の食事の違い

飛行機に乗るとき、乗客は誰が機長で誰が副操縦士かなどはあまり気にしません。
アナウンスなどがされるときもありますが、どれくらいの操縦歴があるのかなどを確認してから乗ったりもないでしょう。
無事出発して無事現地に到着するのが当たり前と考えているためです。
でも航空会社ではいろいろ配慮があります。
乗客に見えない所の配慮として、機長と副操縦士が食べる食事は同じものでないように決められています。
もし同じものを食べてそれらの中に問題のあるものが入っているとき、飛行機の操縦ができる2人が操縦できない状態になる可能性があります。
別々なら一方に問題が起きても一方には問題が起きない可能性があります。
飛行機の操縦に関して行われている配慮ですが、日常的にも同じような配慮が必要な時があるでしょう。
何らかの決断をする上層部が同じ食事をとると、全員食中毒になる可能性があります。
そこで食事を変えることでそのトラブルを防げる可能性があります。
少しメニューを変えるだけで行える措置です。

Page Top